忍者ブログ

≪ 前の記事次の記事 ≫

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▲TOP

RML-1:応用案1

SRPの場合センター基準になる(みたい)なので、私のように左下基準が基本の人は困ることになるかと思います。
なので、切削前に材料サイズに合わせて原点をシフトしさせる、、、のにどうかと。

1.インターフェイスはExcelなりAccessなりで作って材料の幅(W)と奥行(D)(厚みはなし)を入力。
2.WとDの半分だけ移動した座標でXY原点を設定するようにテキストを吐き出させる。
3.そのテキストをMDXに送信する。
4.SRPで切削開始。

*復元用コードがあると便利かもしれません。
*おそらくヘッドを移動させずにPA;XOn(n=W/2);YOn(n=H/2);で設定できるかと思います。
ただしnは整数でないといけないと思うので、その辺の変換は必要。

後日検証します。
PR

Comment (2) | Trackback (0) | ▲TOP

Comment

  • メールアドレスは入力しても管理画面でしか表示されません。
  • コメント投稿時にパスワードを設定していた場合のみ、名前をクリックすると編集出来ます。

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
oritaさん  2008.06.17 Tuesday
仕方ないので紙にメモして計算してます・・・・・(汗)
シチサンカメンさん  2008.06.17 Tuesday
メモの方が早いかもしれません(^^;

その辺を検証するために、早く今の仕事を片付けてMDXのテストしたい今日この頃です。 サンプルプログラム(?)はいくつか作っているのでなおさらに、、

Trackback

Trackback URL: