忍者ブログ

≪ 前の記事次の記事 ≫

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▲TOP

Mod Toolで遊んでいます。

Mod ToolはSoftImage XSIのVer.6をベースにしたフリーの3DCGアプリケーションです。
XSIはAutoDesk社に買収(?)され、今度7.5が発売になるようですが、Mod Toolは今のところ平和です。

http://www.softimage.jp/modtool/

商用利用は認められていまん。
その他、いくつか制約事項がありますが、趣味で遊ぶ分には問題ないレベルです。

日本語化についてはこちらの通りにすれば大丈夫のようです。

http://www.pi-affe.com/pages/modtool_e_to_jp.html

最近、幾分か慣れてきましたが、操作は「スープラモード」に慣れることが一番のようです。
モデリングは扱いなれたメタセコイアでやり、その後Mod Toolで「アニメート」をやっている段階です。

流れとしては、
「キャラクタ」→「二足ガイド(Biped Guide)」で、モデルに合わせて調整

→「二足ガイドからリグを作成(Rig from Biped Guide)」→二足ガイド削除

→モデルを選択した状態で、「Envelope」→「Set Envelope」を実行し、先程作ったリグを選択して右クリック。

→ウェイト調整。

という感じです。

トータルでの使いやすさは3dsMAXのBiped(Charctor Studio)の方が上かもしれません。

不慣れで扱いが悪いのか左右対称操作がしっくりしません。特にボーン。
なので二足ガイド(これは非常に扱いやすい)の時点でしっかりやっておけば、その後はかなりスムーズです。


PR

Comment (0) | Trackback (0) | ▲TOP

Comment

  • メールアドレスは入力しても管理画面でしか表示されません。
  • コメント投稿時にパスワードを設定していた場合のみ、名前をクリックすると編集出来ます。

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback URL: